黄昏戦記

バンピルブ戦争後、シビル川以西は戦後処理や長引く旱魃によって、経済的に苦しい状況が続いていた。 さらに、戦争が終わって仕事を失い野盗化する傭兵団が増加し、治安が悪化していた。 それに比べてシビル川以東は、復興特需によって国力回復が進んでいた。 エリオス=アルブレントはルーヴェントを建設し、領主として内政に尽力していた。

そんなエリオスのもとに縁談が舞いこんできた。相手はワルケイン家の令嬢ルフィーヌ。 両者は見合いを通して互いに好感を抱き、婚約が成立することとなった。 そこに母フィアの訃報が飛びこんできた。かつてエリオスが失意のなかにあった時、救いの手を差し伸べてくれた母の死に、エリオスは慟哭した。

黄昏戦記

シビル川以西では社会の不安定化に伴い、タキノフ教という新興宗教が広まっていた。 イルタニアを支配するネオス=ルクレオンは、タキノフ教の勢いに警戒感を抱き、イルタニアで布教活動をしていたラクネスを拘束した。 これにタキノフ教団が反発したことによりイルタニアは混乱状態に陥ったため、 家宰マウルス=ボルガナンは傭兵でタキノフ教徒のルーサスの提案を飲み、ネオスをルクレオン家当主の座から引きずり下ろしたのであった。

監禁されたネオスは鉄騎兵団のベイン=エルメールによって救出され、マウルス討伐の号令を出し諸侯を集めた。 ネオスの息子ユスティムを擁立したマウルスは、ベインがネオスを担いで謀叛を起こしたと主張し対立。 ルクレオン家のお家騒動は軍事衝突に発展し、ユスティム陣営で実質的に戦いの指揮をしていたルーサスがネオスを討ち取ったことで終わりを迎えた。

©KAKASHI PRODUCTION.,Ltd.All Rights Reserved.